青空トラベル(青空観光タクシー)で寂光院。-京都の観光タクシーは青空トラベルへ。

青空トラベルの魅力をぎゅっとひとまとめ。特設サイトOPEN

コンテンツ

お知らせ

ご予約・お問い合わせ

〒607-8347
京都市山科区西野左長町16-36

TEL:075-582-1274
FAX:075-502-4705

青空トラベル(青空観光タクシー)で寂光院。

寂光院(じゃっこういん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。山号を清香山と称する。寺号は玉泉寺。本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は聖徳太子と伝える。平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。寂光院の参道ではかつて、女性行商を「大原女(おはらめ)」と呼んでいました。今も「大原女まつり」や、大原女姿のかわいい売り子さんに出会うことができます。大原は、西行や方丈記の作者、鴨長明(かものちょうめい)といった文人が隠棲(いんんせい)していた地。美しい風景に、一抹の寂しさが感じられます。わび・さび(侘・寂)の世界が漂う寺院が「寂光院」。名前も寂しそうな、ひっそりした寺院です。寂光院は、平清盛の娘・建礼門院(けんれいもんいん)が隠れ住んだお寺です。源義経が平家と戦った「壇ノ浦の戦い」。栄華を誇った平家は滅亡。建礼門院は入水するものの、助けられて京都に戻り、長い髪を剃って仏の道へと入ります。建礼門院は寂光院のかたわらに庵を結び、平家一門の冥福を祈りながら、ひっそり暮らしました。池のほとりに落ちた紅葉や椿、桜の花びらに、建礼門院はひとり、何を想い、見つめていたのでしょう。池のほとりに落ちた紅葉や椿、桜の花びらに、建礼門院はひとり、何を想い、見つめていたのでしょう。ある年代層には、永六輔作詞の女ひとり「京都 大原 三千院」で有名になりました。それまでは、ほとんど人の行かないところで、昔は世捨て人が住んだところです。境内はまだ新緑の風景で紅葉にはまだまだ早いようです。

 

11月末の寂光院(じゃっこういん)は色好きも最高でした。。

  

 



pagetop