お知らせ-京都の観光タクシーは青空トラベルへ。

青空トラベルの魅力をぎゅっとひとまとめ。特設サイトOPEN

コンテンツ

お知らせ

ご予約・お問い合わせ

〒607-8347
京都市山科区西野左長町16-36

TEL:075-582-1274
FAX:075-502-4705

青空トラベル(青空観光タクシー)で化野念仏寺の京都観光。

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は嵯峨野の山奥に位置する。ここの境内には8000体を越える石仏・石塔があります。この多くは葬られた人々のお墓です。『あだし』とは、仏教の言葉で「はかない、むなしい」という意味があり転じて、この世に再び生まれ変われることや、極楽浄土に往生する願いなどを意味します。このあたりでは昔から、風葬する習慣がありました。後に土葬にかわり、人々が石仏を立て、永遠の別れを惜しんだと伝えられています。8月23・24日「千灯供養(せんとうくよう)」明治時代、無縁仏を弔う行事として始まったのが「千灯供養(せんとうくよう)」です。地蔵盆の時期に行われ、この2日間には地元の方々をはじめ、参拝者が手を合わせに訪れます。陽も落ち始める頃、数千体もの無縁仏にろうそくが供えられます。あかりと石仏が織りなす、幻想的な光景が、あたり一面に広がる一大行事です。


青空トラベル(青空観光タクシー)で泉涌寺(御寺)の京都観光。

泉涌寺は京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派総本山の寺院です。皇室との関連が深く『御寺(みてら)』とも呼ばれています。名は鎌倉時代初期に月輪大師俊芿(しゅんじょう)が宋の方式を取り入れて、大伽藍を営むことを志した際、敷地の一角から清水が湧き出したことから改称されました。楊貴妃観音堂(重要文化財)が大門を入って左手奥の堂内にあります。八重桜がまだ咲いていましたが敷地内は新緑に変わっていました。一年で一番いい時期が大型連休のあとの新緑かと思います。ただし有名寺院は修学旅行生に外人が多くて駄目です。是非とも京都観光をお楽しみ下さい。


青空トラベル(青空観光タクシー)で圓通寺(円通寺)の京都観光。

圓通寺(円通寺)(えんつうじ)は、京都市左京区岩倉幡枝町にある臨済宗妙心寺派のお寺です。後水尾(ごみずのおてんのう)の別荘として建てられた幡枝離宮(はたえだりきゅう)を元としています。1678年に文英尼(ぶんえいに)公を開基としてお寺に改められました。このお寺の見どころは、雄大な比叡山(ひえいざん)を借景(しゃっけい)として国の名勝にも指定されている「枯山水平庭」。


青空トラベル(青空観光タクシー)で枳殻邸(渉成園)。

東本願寺の飛地境内地であり、池泉回遊式の庭園です。京都駅から徒歩10分位という立地ながら、静かにお庭を散策いただけます。枳殻邸の正式名称は「渉成園(しょうせいえん)」といいますが、昔、枳殻(からたち)がたくさん咲いていたことからこの名がついたらしいです。地元の人には「キコクテイ」の名で親しまれています。京都駅の横にこんな綺麗な庭園があるのかとびっくりされると思います。場所的にも時間調整にももってこいのお寺です。是非とも見て頂きたいと思います。京都タワーが庭越しに見える穴場スポットです。


青空トラベル(青空観光タクシー)で桜の名所、嵐山。

嵐山は、平安京の貴族たちが愛した風光明媚なところです。清らかな桂川沿いに桜が咲き古くからの桜の名所です。渡月橋越しに嵐山を望む景色は、絵葉書にもなりそうな雰囲気です。中の島の桜も美しく、晴れやかな空の下に咲きこぼれるような花姿を楽しむことができます。


青空トラベル(青空観光タクシー)で京都・高雄の桜。

京都の中心部から、日本海に抜ける周山街道。その入り口となる「三尾」のひとつと言われる高雄は京都はもとより、日本でも有数の紅葉の名所です。北山杉の美しい林を背景に燃えるような紅葉が続く山里の風景。古都京都のもつ美しい一面で、今は高雄ドライブウエイの嵐山方面の入り口付近は桜が満開でした。


京の花舞台の始まり。

京都の花舞台の始まりです。今年も全てが早まりそうと思いきや3月の末から4月の始めにかけて花冷えで桜も遅くなりそうです。2分から3分咲き位ですが丸山公園に祇園の新橋筋にはかなりの人が集まっていました。今年はゴールデンウイークはかなりの人出・渋滞が予想されますが、ゴールデンウイークの後が人も少なく一番の穴場の時期です。特に新緑が素晴らしいです。お食事に甘味処、伝統産業も楽しみの一つです。色々な企画を立ててお待ちしています。


青空トラベル(青空観光タクシー)で二条城の京都観光。

「元離宮二条城」(以下二条城)は江戸時代の慶長8年(1603年)、徳川初代将軍家康が上洛時の宿所として京都御所の守護を目的に建てたお城です。二条城といえば大政奉還の地としても有名です。関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康の京都の宿所が二条城です。二条城は大きく分けて御殿と庭園に分かれます。お城の東側にある「東大手門」は二条城の正門にあたり、圧巻の重厚感があり国の重要文化財に指定されています。二の丸御殿の廊下を歩いているとキュッキュッと床から鳥の鳴き声に似た音が出ますが、これは「鴬張り」(うぐいすばり)と呼ばれる構造で、敵の侵入にいち早く気が付くためのものです。本丸の南西の隅にある天守閣跡は、かって5層の天守閣がありましたが落雷により焼失しました。私事ですが早く復元して欲しいですね。

 


青空トラベル(青空観光タクシー)で将軍塚・大日堂の京都観光。

将軍塚青龍殿(しょうぐんづかせいりゅうでん)・将軍塚大日堂(だいにちどう)、将軍塚は青蓮院(しょうれんいん)の飛地境内です。ちなみに青蓮院は788年(延暦7年)に天台宗の開祖である伝教大師・最澄が比叡山に延暦寺を創建した際、比叡山東塔の南谷に建てた僧侶の住坊のひとつである青蓮坊が起源と言われています。将軍塚は794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際、王城鎮護の為に高さ2、5メートルの武将像を土で造り、鎧甲を着せ、鉄の弓矢を持たせ、太刀を帯させ、西向きに埋めたのが起源と言われています。将軍塚は直径20メートル、高さ約2メートルの塚です。将軍塚青龍殿は2014年(平成26年)に大護摩堂として建立され、平安時代後期に描かれ、青不動とも言われている不動明王二童子像(国宝)を祀っています。なお将軍塚青龍殿建立された際には木造の大舞台(清水の舞台の約5倍の広さ)も新築されました。紅葉の名所でもあり、見どころは夜景です。毎年8月16日に行われる五山の送り火が見渡せる名所としても知られています。

 

 

 


青空トラベル(青空観光タクシー)で智積院の京都観光。

智積院(ちしゃくいん)は真言宗智山派の総本山で、京都市東山七条にあります。京都駅からですと車で5分位です。智積院には数々の伽藍と多くの貴重な文化遺産があります。特に長谷川等伯による障壁画は国宝です。また大書院東側の名勝庭園は、桃山時代に造られた庭園で、中国の盧山を形どって作られた利休好みの庭として有名です。観光客も少なく一番の穴場かもしれません。

 

 

 

 



pagetop