青空観光タクシーで源光庵の京都観光。-京都の観光タクシーは青空トラベルへ。

青空トラベルの魅力をぎゅっとひとまとめ。特設サイトOPEN

コンテンツ

お知らせ

ご予約・お問い合わせ

〒607-8347
京都市山科区西野左長町16-36

TEL:075-582-1274
FAX:075-502-4705

青空観光タクシーで源光庵の京都観光。

源光庵は1346年に(貞和2)大徳2代徹翁義享国師によって開創。1694年(元禄7)卍山道白禅師により臨済宗から曹洞宗に改められた。現在の本堂はその年の建築。丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」があり、それぞれに仏意がこめられている。本堂の天井は、伏見城の遺構で、落城の悲劇を伝える血天井。天井板は伏見桃山城から移築したもので、1600年(慶長5年)に徳川家家臣鳥居元忠らが石田三成に破れ自刃したときの跡が残り血天井となっている。その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ悟りの窓、迷いの窓と呼ばれている。「悟りの窓」悟りの窓の丸い形は「禅と円通」の心が表わされている。ありのままの自然の姿、清らか、偏見のない姿、つまり悟りの境地を開くことができ、丸い形(円)は大宇宙を表現している。「迷いの窓」迷いの窓の四角い形は、人間が誕生し、一生を終えるまで逃げることのできない過程、つまり「人間の生涯」を4つの角で象徴している。この「迷い」とは「釈迦の四苦」ことで、この窓が生老病死の四苦八苦を表しているといわれている。



pagetop