京都観光で東寺(教王護国寺)。-京都の観光タクシーは青空トラベルへ。

京都観光で東寺(教王護国寺)。

東寺(とうじ)は京都市南区九条町にある仏教寺院。真言宗の根本道場であり、真言宗全体の総本山でもある。正式には「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)と呼ばれています。東寺は平安

京鎮護のため官寺として建立が始められました。8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」という2つの寺院の建立が計画されました。それぞれ平安京の左京と右京

を守る王城鎮護の寺で官立寺院でした。毎月21日は弘法大師の縁日とされ「弘法さん」呼ばれて親しまれています。特に12月21日の「終い弘法」と1月21日の「初弘法」は多くの人で

にぎわいます。今日は今年一番の冷え込みでしたが東寺は京の冬の旅で多くの観光客でにぎわていました。



pagetop