京都国立博物館で特別展覧会「海北友松」。-京都の観光タクシーは青空トラベルへ。

京都国立博物館で特別展覧会「海北友松」。

海北友松(1533-1615)は、狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は若年を東福寺で過ごしましたが、還俗して狩野派の門をたたき、画の道に進んだと伝えられています。武士の気概と絵師の誇りをあわせ持った友松は、やがて独自の画境を拓き、京都の名だたる寺院を舞台にその才能を花さかせ、天皇や宮家のために筆を振るいました。その友松をみるために朝早くから行列ができていました。DSC00852 DSC00851



pagetop