お知らせ-京都の観光タクシーは青空トラベルへ。

日本三大祭りの祇園祭。

DSC00978祇園祭は京都の夏の風物詩です。7月1ヶ月間のロングランです。祇園祭のハイライトは宵山と山鉾巡行(前祭)17日と後祭24日に行われました。これからの京都は一番暑い時期ですがたくさんの人達が集まりました。


京都観光は、観光タクシーがお得です。

京都ツウでも楽しめる、旅の最旬ネタがギッシリ!【まっぷる・まち歩き京都】で掲載しています。

詳細はこちら(まっぷる掲載pdf・7MB)→ mapplepdf

mapple


梅雨こそお出かけ苔の名所。

DSC00947雨の季節、苔(コケ)が息  を吹き返す。森に神秘が広がり、古刹の庭を緑が覆う。梅雨に映える苔DSC00948の名所ランキング(日本経済新聞)に4位、西芳寺(苔寺)120種類が覆う圧巻。8位、三千院お地蔵さんもかわいい古刹。9位、東福寺モダンアートな幾何学模様がはいっています。


京都観光で酒蔵の藤岡酒造株式会社。

DSC00922 DSC00923 DSC00924

蔵元がこだわり造った純米酒です。平成16年小さな小さな酒蔵が京都の伏見に出来ました。蔵元がたった一人全て手作りで造るお酒は純米酒。出来たままのお酒に何も加えず何も引かず酒本来の味を大切にしているため色はほのかなライムグリーン。青空を見上げるとホッとできるように飲んだ人が優しい気持ちになれるようなそんなお酒を造りたいと思い付けた名前は蒼空(そうくう)。私も初めて観光で行きましたが、一度自分でも行ってみたい酒蔵です。


京都観光で三室戸寺。

DSC00916庭園は枯山水と池泉回遊式になっています。花の寺としても有名で春に2万株のツツジ、初夏には1万株のアジサイやハスの花が咲きます。ハスが咲き始めています。送れていたアジサイも見頃でたくさんの人達が花見に来ていました。DSC00919 DSC00918 DSC00917


京都観光で熊野若王子神社。

DSC00914当社は永暦元年(1160年)後白河法皇が熊野権を勧請して建立した若王子の鎮守社です。花見の名所としても知られ寛正6年(1465年)3月には足利義政により花見の宴が催された。哲学の道の南端にある神社で樹齢400年の梛木の木で有名です。


京都での修学旅行。

DSC00912 DSC00911 DSC009106月8日に土岐市立下石小学校の修学旅行を承りました。合計人数は67名で車両数は16台でしたがツァ―旅行に修学旅行シーズンで、ホテルの駐車場に車が止められず苦労しました。いかに準備が大事か痛感させられました。今後の修学旅行に生かしていきたいと思います。


京都三大祭りの葵祭。

投稿が遅くなってしまいました。葵祭は京都三大祭りの一つで昔は祭りと言えば葵祭のことでした。わが国の祭りのうち最も優雅で古趣に富んだ祭りとして知られています。風雅な王朝行列が京都の町をねり歩きました。DSC00879 DSC00878 DSC00875


東福寺の塔頭の毘沙門堂勝林寺での座禅。

京都臨済宗大本山、東福寺の塔頭で毘沙門堂勝林寺は創建1550年の古刹です。勝運・財運の御利益で知られています。外国人の留学生達が坐禅をしていました。「坐」は日本の言葉で「すわる」といいます。禅とはほとけの心で静慮の意味です。坐ることによって身・息・心を統一し、または統一しつつある状態が坐禅です。外国人の留学生達は足がしびれて足を引っ張ったり、振ったりしていました。DSC00883 DSC00881


修学旅行の最盛期の時期です。

DSC00888DSC00865

今年も修学旅行の最盛期の時期になってきました.修学旅行の皆さん、是非、京都での思い出をたくさん持ちお帰って欲しいと思います。そして、いつか、また京都を訪れて頂きたく思います。次の日本を担う元気な皆さんいい思い出を胸に無事に帰って下さい。



pagetop